Research and Development

TOP > 研究課題 > 研究課題3-2

研究課題3-2

豪雨制御による浸水リスク変化の水文社会経済分析

豪雨制御が洪水にもたらす効果を分析します。そのために、都市河川の洪水氾濫を計算する数値モデルを構築し、気象制御の有無と制御の程度に応じた洪水流制御の効果を分析します。さらに、将来の社会経済情勢の変化や都市計画制度の変更、および気象制御への期待による災害リスク認知の影響を考慮し、洪水脆弱性への影響を評価します。
  • 研究課題3-2

課題代表

研究課題3-2

田中 智大

所属:京都大学大学院工学研究科

豪雨制御という新しい洪水対策の効果を定量化する仕組みを作っていきたいと思います。よろしくお願いいたします!

課題参加者

成果・アウトリーチ

  • 記事がありません

ムーンショット目標8

MOONSHOT

2050年までに、
激甚化しつつある台風や豪雨を制御し
極端風水害の脅威から解放された
安全安心な社会を実現

TOP