Research and Development

TOP > 研究課題 > 研究課題1-2

研究課題1-2

気流渦・水蒸気に対する操作手法の開発

ゲリラ豪雨の発生の要因の一つである気流渦や水蒸気を操作・改変することにより、気流渦や水蒸気の制御によるゲリラ豪雨の操作手法を開発します。そのため、都市における高層建物などの構造物を解像できて、かつ、対流圏までをシームレスに解くことのできる都市気象LESモデルを開発します。豪雨をもたらす発生プロセスを特定し、そのプロセスを解消、もしくは抑制するための具体的な制御用デバイスを提案していきます。
  • 研究課題1-2
  • 研究課題1-2

課題代表

研究課題1-2

山口 弘誠

所属:京都大学防災研究所

ゲリラ豪雨はある意味で人間活動が起因していると考えます。それをなんとかするのはやはり人の責務です。研究のワクワクさと防災の責務を両立して推進していきます。

課題参加者

  • 研究課題1-2メンバー

    高見 和弥

    所属:公益財団法人鉄道総合技術研究所

    都市気象モデルの開発を担当いたします。

  • 研究課題1-2メンバー

    中北 英一

    所属:京都大学防災研究所

    自然の懐を大切にして研究に取り組みます。

  • 研究課題1-2メンバー

    板倉 英二

    所属:トヨタ自動車株式会社 未来創生センター マザーシップG

    『ムーンショット』こそ技術者魂に火をつける。マザーシップ開発で気象制御貢献し、人命・財産を守り世の中を幸せにしてみせる。

成果・アウトリーチ

  • 記事がありません

ムーンショット目標8

MOONSHOT

2050年までに、
激甚化しつつある台風や豪雨を制御し
極端風水害の脅威から解放された
安全安心な社会を実現

TOP