Research and Development

TOP > 研究課題 > 研究課題1-5

研究課題1-5

気流収束に対する操作手法の開発(風車群)

線状対流系豪雨の改変を目的とし、大型商用風車群(陸上/洋上ウィンドファーム)からの大規模渦構造や複雑乱流場を活用した気流収束操作手法の開発を行います。まず、数値流体シミュレーション技術(CFD)に基づき、特に風車ウエイク現象の発生メカニズムの解明やそれに与える種々の気象要素や力学要素の詳細な検討を実施します。風車ウエイク現象を積極的に制御することで線状対流系豪雨の改変に資する気流収束が実現可能であるかを検討します。
  • 研究課題1-5
  • 研究課題1-5
  • 研究課題1-5
  • 研究課題1-5

課題代表

研究課題1-5

内田 孝紀

所属:九州大学応用力学研究所

線状対流系豪雨の改変を目的とし、大型商用風車群(陸上/洋上ウィンドファーム)からの大規模渦構造や複雑乱流場を活用した気流収束操作手法の開発を行います。

課題参加者

  • 研究課題1-5メンバー

    渡邉 康一

    所属:九州大学洋上風力研究教育センター

    発電だけにとどまらない、風車の新たな可能性を追求します。

成果・アウトリーチ

  • 記事がありません

ムーンショット目標8

MOONSHOT

2050年までに、
激甚化しつつある台風や豪雨を制御し
極端風水害の脅威から解放された
安全安心な社会を実現

TOP