Research and Development

TOP > 研究課題 > 研究課題2-2

研究課題2-2

制御効果モニタリング手法の構築

積乱雲の発生・発達メカニズムの詳細は未解明であり、積乱雲が引き起こす豪雨の場所と時間の特定は現状困難です。このため気象学的な観測による詳細なメカニズム解明を行い、それを基礎として積乱雲発生と豪雨制御の監視に最適なモニタリング手法を構築します。これにより、豪雨制御の運用段階において、制御実施の有無と制御手法の詳細を多段階的に決定していくために必要な気象状況の把握に貢献します。
  • 研究課題2-2

課題代表

研究課題2-2

大東 忠保

所属:防災科学技術研究所

豪雨災害を防ぎ、一人一人が安全に生きていくことのできる未来を目指します。このために、気象観測を基礎として自然をさらに探求し、科学に基づいた豪雨制御技術の構築に貢献していきます。

課題参加者

成果・アウトリーチ

  • 記事がありません

ムーンショット目標8

MOONSHOT

2050年までに、
激甚化しつつある台風や豪雨を制御し
極端風水害の脅威から解放された
安全安心な社会を実現

TOP