Research and Development

TOP > 研究課題 > 研究課題2-3

研究課題2-3

偶然性・必然性概念の制御システムへの利用

線状対流系やゲリラ豪雨がその時間,その場所で起こるのは偶然か,必然か.気象制御の実現を目指す将来は,どのような豪雨が発生するのか.気象レーダーによる観測データ解析や数値シミュレーションを用いて,豪雨発生のメカニズム(偶然性要因と必然性要因)を明らかにすることで,気象制御装置の設置場所推定および操作手法へ有効な情報を創出します。また、豪雨発生に関する偶然性を定量化することで、気象制御を実施するか否かのリアルタイムの判断基準構築を目指します。
  • 研究課題2-3
  • 研究課題2-3

課題代表

研究課題2-3

仲 ゆかり

所属:京都大学防災研究所

豪雨から命を守り、美しい自然を未来へ繋ぐ。自然と共に生きる未来を皆さんと考えていきたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

課題参加者

成果・アウトリーチ

  • 記事がありません

ムーンショット目標8

MOONSHOT

2050年までに、
激甚化しつつある台風や豪雨を制御し
極端風水害の脅威から解放された
安全安心な社会を実現

TOP